Discussion!!<Activity紹介Part4>

皆さんこんにちは
Discussion section chiefの奥村と言います。京大ESSの部長も兼任しています。

ESS内部では3D(すりーでぃー、さんでぃー)と呼ばれているので、初対面の方でもそう呼んでもらって結構です。というよりそう呼ばないと他の部員に通じない可能性すらあります。部長の名前を正しく把握していないサークル。。。

そんなことはどうでもいいんです。Discussionの紹介文を書いてほしいとの依頼を受けたので、今日は ESS部員ですらあまり知らない素晴らしきdiscussion worldについて書きたいと思います。

 

Discussionって何?

Discussionとは何かを語る前に、まずはDebateとの関係について語らなければなりません。なぜならば「debateとdiscussionの違いはなんですか?」という質問が毎年多くの新入生の方から聞かれるからです。

Parliamentary debateは国会での政策討論ですかね。政策を主張する与党側と反対する野党側に分かれて議論をしていきます。米大統領張りのカッコイイスピーチで民衆に訴えかけるわけですね。

じゃあdiscussionとは何かと言えば閣議か、官僚の話し合いをイメージしてもらえたらいいかと思います。公開されることのない密室で日本の趨勢を決めるわけですね。ゾクゾクしますね。

そこのあなた、discussionは華が無いとか思っていませんか?まぁ華は無いかもしれません。その分discussionには手堅さと厳密性があります。議論を細かく見るので、一個の論の綻びを突かれて論破されたりすると辛いです。逆に相手の話を速攻で切ったりすると気持ちがいいですよ。うまくいけば会議を裏で支配できます。

 

普段何しているの?

「tableを組む」か「preparation (プレパ)」が基本の活動になります。
「tableを組む」とはつまりtableを囲んで実際に英語で話し合うわけです。

しかしいきなり「やってみよう!」と言われてできるものではありません。

そこで事前に何をいうか、どういう風に言うかを考え練習しておきます。これがプレパですね。というわけでディス中は英語しか使えないですが、初心者の人でも言うことの大半は最初に準備できるので安心です。

 

どんな人がいるの?

政府の政策を話し合ったりして、いかにも意識高い系っぽいですが別に法律の専門生ばかりが集まっているわけではありません。私のような理学部生も交じってたりしてますし。

「日本の将来について考えたい!」とまでいかずとも「英語の練習になにかしたいな~」って感じできていただいて大丈夫です。というよりそういう人がほとんどです。

新しいことがしたい」というチャレンジ精神と「英語ができるようになりたい」というモチベーションがあればどなたでも大歓迎です。

 

最後に告知を

 

5/10 Freshman Discussion@奈良女子大学

Discussionってついてますが、上に書いたような意識高い系のdiscussionはしません
奈良女の子と英語でおしゃべりしたり、ゲームしたり、観光したりします
新入生向けの交流会なので気軽に参加してください。

 

5/18 Mayflower Discussion@奈良女子大学

こちらはDiscussionをします。関西の大学4校の新入生が集まってDiscussionを体験します。準備が少しいりますが、もちろん上回生がサポートします。他大の友達もできて楽しいですよ。

 

それでは、皆様の参加お待ちしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です